2011年06月30日

お気に入りの物2-My Favorite2-

こんばんは、清三郎です。

水戸は、先ほどから、雷様と大雨です。

私、清三郎のお気に入りの一品(お酒ではありません)。

爪切り.jpg 爪切り2.jpg
KIYA(木屋)の爪切(黒)!

小学生か、中学生の頃か、東京の百貨店でお試しコーナーがあり、幼いながらも
「なんだ!この切れ味は」
と感じ、買ってもらって以来、愛用しています。

今使っているのは2代目。初代のは、出張に持って行き行方不明になってしまいました。
色々な、爪切りを試しましたが、やはりこれが一番です。

私清三郎のお気に入りの『爪切』でした。


posted by 清三郎 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

お気に入りの物-My Favorite-

こんにちは、清三郎です。今日の水戸は、暑い一日でした。

Tシャツでの仕事です。

私のお気に入りの一品を紹介します。
『湯呑』

cup3.jpg cup2.jpg cup1.jpg

隣町の『saza coffee』で開催された個展で購入しました。陶芸家の方の作った作品。お茶はもちろん、色々な物を飲むのに使っています。

もちろん、日本酒を飲む時も使います。ひやで飲むとき(『ひや』は、冷たくしたお酒ではなく、常温をさします)が多いかな。

梅酒(自分で漬けました)をロック、水割りで飲む時、ウイスキーをロックで飲む時などもこれが多いですね。

ちょうど良い量が入り、手になじみます。手造りの焼き物の良さではないでしょうか。

皆さんもお気に入りの器があるかと思います。
器もお気に入りがあれば、より楽しいお酒生活が楽しめます☆
posted by 清三郎 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

我が家でThai cock Thai!!

御無沙汰しています、清三郎です。

昨日、青いパパイヤをもらったので、何を作ろうか?と考えましたが、知っている料理はタイで食べた『ソムタム』のみ。

somutamu2.jpg

記憶を頼りに、作ってみました。作り方は下へ。
見様見まねで作ったわりに、美味しくできました。

ソムタムには、スッキリ辛口の、一品純米酒。これでしょう!!
ヘルシー+魚醤の旨味で美味しく飲めます☆

一つ残念な事が。少し残ったので今日の朝まで残しておいたら、パパイヤの食感が無くなっていました。食べる時に食べる分だけ作る物なんですね。
そして、しょっつるの代わりに、醤油では違う食べ物になってしまったはずです。


材料
青いパパイヤ 千切り
トマト 湯剥きしてサイコロに
ピーナッツ 
青唐辛子
レモン
ナンプラー(無かったので、しょっつる)

ニンニク(仕事に支障をきたしそうなので無し)

@タイでは石のすり鉢で、石の棒でナッツ、唐辛子、にんにく、その他香辛料を叩いて混ぜていたので、すり鉢に入れ、すりこぎで叩きます。
 ※唐辛子は、ある程度細かく切ってから、叩くのをおススメします。

Aナッツがある程度細かくなったら、しょっつるを加え、レモンをまぜ、塩で味を整えます。

somutamu1.jpg

B千切りのパパイヤとAを和え出来あがり。

C飾りにナッツを振ります☆
posted by 清三郎 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

明日、水戸山口楼本店前にて

こんばんは。清三郎です。

明日、茨城県酒造組合水戸支部全蔵で、東日本大震災義援金の募金の為のイベントを行います。
ぜひ、茨城の美味しいお酒を飲んで、募金をお願い致します。

参加蔵:水戸市『三ツ扇』、大洗町『月の井』、小美玉市『幾久一』、笠間市『郷乃誉』、笠間市『二波山松緑』、笠間市『東海』、笠間市『稲里』、桜川市『桜川』、水戸市『副将軍』、水戸市『一品』
日時:4月28日(木)PMより6:00より
場所:水戸市大工町 山口楼本店駐車場にて

02_gambappe_shadow_rgb.png
posted by 清三郎 at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒の話-A story of the Sake- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

がんばっぺ!茨城 GANBA-PPE!IBARAKI

がんばっぺ!茨城 GANBA-PPE!IBARAKI

ばんがっぺ!茨城 に参加します!

02_gambappe_shadow_rgb.png

収益が茨城復興の為に使われます。
吉久保酒造の出荷する商品にばんがっぺ!茨城シールを張って参加します。只今シールが、がんばってる方が多くて、印刷待ち状態ですが、入荷次第、順次張っていきます。

ganbaiba1.jpg ganbaiba4.jpg ganbaiba2.jpg

詳しい内容は、
がんばっぺ!茨城 GANBA-PPE!IBARAKI←web

そもそも、『がんばっぺ』って何?って方、がんばろうの方言なんですが、それはそれは、よく使われる言葉です。気持ち的には、がんばろう!!<がんばっぺ!!の方が強い気持ちが伝わりますし、
がんばっぺよ!!とか、がんばんべ!!とか、とも変わります。一緒にがんばろうよ!だと、一緒にがんばっぺねぇ↑。なんて感じになります。

ganbaiba3.jpg

日本がんばっぺね!!茨城がんばっぺね!!


posted by 清三郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水戸のこと -mito's story- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

先週、その後。

こんばんは、清三郎です。

先週の続きです。
14日、植田町から午後8時ごろ帰宅し、岩手県大槌町(今回の震災で甚大なる津波の被害を受けた町)へ10日からすでに、現地入りして炊き出しを行っている、水戸の飲食店の方々の所に手伝いに行く為に父と向かいました。

大槌町は、津波の被害を受け、町がありません。水戸の有志が、温かいカレーを食べてもらい、ちょっとでも元気になってもらいたい。という想いで一日1000食、5日分のカレーの材料を持って行っていました。米1トン、肉300KG、温泉卵5000個など。

夜10時に水戸を出発し、翌朝8時にベースキャンプになっている、大槌町の野球場に着きました。常磐道は、余震で通行止で、北関東道を使い宇都宮経由で、東北道へ。ひたすら進み、北上江釣子icでおり一般道を。高速道路は段差が多く、険しい道でした。

釜石に入り、少し走ると、津波を受けた場所になり、

あぁ。。。

言葉もありません。最悪の光景です。
一面がれき、材木、壊れた家、潰れた車、やっと車が通れる道。

なんで、あんな高い所に車があるの?船があるの?恐ろしい光景でした。

釜石から、大槌町まで行く道、全てがそうでした。海岸線を走る45号線。トンネルを抜けるとあの光景が続きます。

山を越し、野球場に着くと、そこは、避難所、自衛隊のベースキャンプ、水戸組のベースキャンプがあり、午後の炊き出しの準備をしました。

その後、17日に行われる全国一斉花見のお酒を届けに、会場となる、大槌町安渡小学校へ。花見をして、お酒を飲む予定で、お酒募集します。という事でしたが、やはり数日で状況が変わり、控えたいとの事で、持って帰りました。

そして、PM2:00 最後の炊き出しとなる、吉里吉里小学校へ移動です。
炊飯器、ガスボンベ、鍋、コンロなど炊き出しの道具を下ろし、米を炊き、カレーを煮ます。

ootsuchi4.jpg ootsuchi5.jpg

そのうち、一人の少年が。しょうご君といいました。
『おにいちゃん、ブランコやって!!』
と。ニコニコ顔して来ました。避難している子供でした。

小学校のブランコへ行き、背中を押します。キャキャキャと、笑い、笑顔が絶えません。たまらなくなりました。何回も何回もおします。

ootsuchi2.jpg ootsuchi1.jpg

そして、今夜はカレーだよ。って言うと、『カレー大好き‼』って喜び『ありがとう‼お兄ちゃん』って言って避難所の体育館に戻ってきました。

長い道のりの中の、一食のカレーですが、喜んで食べてくれたと思います。

小分けの鍋にカレーを移し、吉里吉里小学校の給食室、大槌町野球場の避難所に届け、片付けをしベースキャンプに戻り、自衛隊の作ってくれた風呂に入り、食事をし寝ました。

翌朝、出発の準備をし大槌町を後に水戸へ戻りました。

一回の炊き出ししか、手伝えませんでしたが、あの子の笑顔が見る事が出来たので、良かったです。

今回行った、大槌町は普通の生活に戻るまで、とてもとても、長い時間がかかります。一年ではとても戻らないと思います。

一日でも早く、普段通りの生活に戻ってくれたらいいなと願うばかりです。
posted by 清三郎 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

先週は、

こんばんは、清三郎です。
先週は、福島県が震源地の地震がありました。もう、あのレベルの地震は余震では無い気がします。

震源地のいわき市は、先月の震災から水道がやっと復活した矢先、また断水となってしまいました。

13日
一品給水車は、いつもの様に、水2,000Lを汲み、いわき市平の『あわのや酒店』前に出動。NHKで給水のお知らせを流してもらい、植田町からも給水に来られる方がいました。

awanoya1.jpg awanoya3.jpg awanoya2.jpg
あぁ、植田も水が出ないんだと知り、翌日植田に出動する事に決まりました。

植田町は、妻の実家のある街。。。つい先日まで、我が家、避難してきていたのに帰って早々大地震に襲われました。実際先月のより被害が甚大との事。

14日
給水部隊とは別に、私は地震で壊れたタンクの代わりの、タンクを探すために県西に。
午前中でいいのに出会え、すぐさま、北関東道路、常磐道で、一路植田町へ。

『スタンド割烹はるな』前で給水。
NHK福島や、地元の消防団の方の力も借り給水開始。日が沈みかけるころ、一通り水が行きわたったので、場所を変え、近くの公園や、東田地区で給水。埼玉県水道部の方と一緒に給水活動。全国から水道部の方々が来られていました。

pompippin.jpg
一品給水車

やはり、水が必要です。
posted by 清三郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

イベント中止のお知らせ

イベント中止のお知らせ

先日、『茨城地酒まつりIN花やしき』中止の御案内をしましたが、

4/15 関東信越きき酒会 埼玉スーパーアリーナ
4/22〜24 筑波西武百貨店 試飲即売会
5/3〜5/5 笠間陶炎祭 試飲販売会

の中止が決まりました。
また、3/22 茨城県新酒鑑評会は、中止になっています。

岩手県で開催される、南部杜氏自醸酒鑑評会も中止で、『今年は今まで一番良くできた!』と、言っていた杜氏が非常に残念がっていました。。

posted by 清三郎 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

イベントの開催中止につぃて

茨城県酒造組合で企画していました、『茨城地酒まつりIN花やしき』が中止となりました。

3/11の東北関東大震災により、イベント参加蔵が被害を受け開催が不可能となりました。
入場券をご購入の皆様には大変申し訳ありませんが、このイベントは中止とさせていただきます。
後日、改めて開催いたしますので、その際には再度のご参加よろしくお願い申し上げます。
なお、入場券の払い戻し開始期間が決定いたしましたら、当ホ−ムペ−ジとイ−プラスに掲載いたします。

◎ チケット払い戻しに関するお知らせ
本公演は、地震のため、中止とさせて頂きます。
中止変更払戻期間:2011/03/23(水) 10:00 〜 2011/05/31(火) 23:59
払戻方法は、チケットの受取方法や支払方法により異なります。
払戻方法詳細については下記の払戻方法チャートを確認してください。
<公演中止 払戻方法確認チャート> 
【PCから確認】 http://eplus.jp/page/eplus/refund1/index.html
【携帯から確認】 http://eplus.jp/msys/web/refund1/index.html
質問に答えながらご自身の状況を確認してください。 適切な払戻方法をご覧になれます。
※現在、ファミリーマートでは、営業している店舗におきましても返金をおこなうことが非常に難しい状況です。
そのため、払戻しをお断りすることもありますので、ファミリーマート店舗での払戻しはできるだけお控えいただけますようお願い申し上げます。


posted by 清三郎 at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

'11夜梅祭が終わって-The plum Fes2011-

こんにちは、清三郎です。
しんしんと大粒の雪が舞い散る、水戸です。

yoruume.jpg

夜梅祭が終わりました。
今年も沢山のお客さんが来られ、大盛況でした。会場近くの道路は、ものすごく渋滞し会場は人で歩くのが困難な程でした。

また、来年も参加したいと思います。

しっかし、すごい雪です。。。
posted by 清三郎 at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 水戸のこと -mito's story- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。