2009年09月14日

食事の時間 -its eating time-

今回、アメリカ出張では、ラッキーな事に、席がダブルブッキングになりビジネスクラスに座る事ができたのです。

ビジネスクラスに座るのは初めてで、恥ずかしい話、緊張していました。

座ったとたん、出てくる出てくる、色々なサービスに、こんなんでいいんですか?私、エコノミー料金しか払ってないんですよ。って思いながら、乗っていました。

機内食1.jpg

そして、食事time。
和食と洋食が選べ、メニューを眺めていると、東北の幸特集。
洋食も捨てがたかったのですが、メニューの中に、
・ほや塩辛
・焼き牡蠣
・うに蒲鉾
・そら豆
・豚冷しゃぶ 胡麻ポン酢
などなど。

酒の肴が沢山あり、和食を選択。

日本酒も桃川純米吟醸、西関特別本醸造がありました。

どれもとても美味しく、頂きました。

そこで本題の食事の時間について。

いつもの事ですが、私は、日本酒を飲む時、特に家で飲む時、かなり時間をかけて、飲んで食べます。

飛行機の中でも、10時間のフライトで時間を持て余していたので、いつも通り頂きました。

肴を一口食べては、美味しい!!って思い、
酒を飲んではまた、美味しい!!って思い、
飛行機の中ではしゃべる相手がいないので、機内放送を見ながら、食事を楽しんでいました。

いい感じになってきた時、ふと隣の白系の方を見ると、デザートが終わろうとしています。

あ、洋食も美味しそうだなって、同時スタートだったのですが、ワインを片手にさっきまで食べていたはずが、いつの間にやらヨーグルトを食べています。

私はまだ、主菜にもいっていないのに、終了しそうです。

その時、以前水戸の飲食店さんから、酒の肴という概念は、日本独自の文化だ。と教えてもらったことがありました。まさにそれ。

お父さんが、家族全員で食事が始まっても一人酒を呑み、ご飯を食べず、おかずで酒を呑み、みんなが食事が終わっても酒を呑み、しまいにお茶漬けとか、お新香で米を食べ終わるそんな文化は他にはないと。

海外では、お酒はお酒。食事は食事。バーへ行っても、ナッツとか、オリーブしかないですね。

そうですねぇ。私はほんと、そのまんま。

日本酒って、旨味成分(アミノ酸)が沢山入っているのが特徴で、また、日本料理にもまた、出汁という名の旨味成分が豊富に含まれており、その酒旨味と、肴の旨味成分が相乗効果をもたらします。

焼酎や、ウイスキーなどの蒸留酒は、アミノ酸は含まれません。
また、ワインは、酸で口を洗い流す、酒。だから油分の多いものには、渋みの強い赤ワインを選びます。また、あっさりとした、料理には白ワインを選びます。

和食に日本酒は、美味しいわけです。時間もかかるわけです。一口一口旨い旨い!!と食べてるのですから。

そして、ぐっすりと眠り、あっという間に、ロサンゼルスに到着したのでした。
posted by 清三郎 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Ippin The World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

海を超えてin USA

アメリカで毎年開催されるJFC SakeExpoに出展してきました。
ロサンゼルスとニューヨークの2か所で開催されました。

sakeexpo_09_51.jpg 09UAS2.jpg

3年目になる参加で、徐々に一品が認知されまた、いつも来て頂いている日本食レストランの方ともだいぶ、打ち解けた会話ができるようになってきました。

毎回思う事なのですが、とても日本酒に興味をもって日本国内の試飲会と同じように、鋭い質問があります。それが年々増えていっています。
いい事です。こちらももっともっと勉強し、より深く日本酒を知ってもらえたらと思っています。


新唐人電視台 http://www.ntdtv.com

アナウンサーの方に一品を気に入って頂き、アメリカの中華系のTV局の取材を受けました!!
posted by 清三郎 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Ippin The World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

韓国博覧会

こんにちは、清三郎です。

韓国2.jpg

先日、韓国ソウルで行われたソウル国際酒類博覧会に出展してきました。

韓国ブース.jpg 商品1.jpg

 思っていた以上に韓国での日本酒、一品の人気は絶大です。3日間、開場終わりまで、一品ブースには人が絶えず、ピーク時には行列ができる程でした。

ほんと、すごい人気でした。感無量です。

テレビ局の方や、雑誌社の方などメディア関係の方からも、取材をうけ、韓国における日本酒の人気を知りました。

また、Roo'Raという現在は解散してしまったそうですが、K-POPグループの方のお店『味工房』で一品が人気との情報を聞きました。
予約でいっぱいで、お店に伺う事はできませんでしたが、次回は行ってみようと思います。

 更に日本で初めてのマッコリバー『てじまうる』の方のご案内で、合わせてマッコリ蔵の見学にも行ってきました。
ソウルから南東へ60Km離れた、安城市の安城醸造所へ。全て手作りの生マッコリで、その近くのみで消費されている地マッコリ蔵でした。

 隅々まで懇切丁寧に教えて頂けました。
近々吉久保酒造からマッコリが発売なるかも☆

そして、美味しい韓国料理をたくさん食べてきました。
キムチは毎食。冷麺も良く食べました。どっと疲れて宿に戻るとさっぱりとした、冷麺が良かったですね。

知っていましたか?冷麺って替え玉ができる事を。あまりみませんが、100円ぐらいでお替り冷麺をしてくれるんです。

冷麺.jpg

以外によく食べたのが、韓国の海苔巻き、キンパ。
たくわん、卵焼き、ナムル、が入って韓国のりで巻いてあるので、宿の近くで売っていたので、夜食にパクリと。 一本100円程でしたか。

毎朝駅までの道のりに、中部市場があり、韓国の熱気を十分に味わい、また、多種多様な素材を見てきました。

ゴマ油は、その場で選んで搾ってくれるし、唐辛子も自分の気に入ったのを粉にしてくれます。

韓国唐辛子.jpg

韓国の食の深さにちょっぴり味を踏み入れただけですが、興味津津でした。

また、書きます!
posted by 清三郎 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Ippin The World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。