2005年09月10日

クンクンくん…

画像 018.jpg  画像 020.jpg   

 犬を一頭飼っている。名前は『ハナコ』。
 雑種で、柴犬とか、に似ている。
 顔や声を知っている人以外、なつかない、どこかツンとしたところのある犬だ。ペット兼番犬なのに知らない人に、まったく吠えない。
 でも軽トラックバイクにえらく反応をし、派手に吠えてる。。。犬ながら軽トラとバイクに、トラウマがあるのかな。

 そんなハナと、さっき散歩に行ってきた。
近くの田んぼまでの、いつものコース
 ハナは、お稲荷さんと、水戸市立浜田小学校の交差点で、何かの匂いを、嗅ぎつけた
『クンクンくん、、、バシュゥーーー!!!』
バシュゥ!?
なんの音か分からなかった。

 ハナは、鼻で、吸って吸って吸って、吸いすぎて、鼻から息を吐き出した音だった。
 犬が匂いを嗅ぐ時、そんなに勢いよく吸っているとは思いもよらず、思わず考えてしまった。

 ハナだけなのかな?いつも聞き逃していたのかな?すごく微かな匂いだったのか、もうお婆さんで、鼻が効かなくなってきているのか?
 ちょっぴり面白い、一場面だった。

画像 025.jpg
posted by 清三郎 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

『晴雲酒造』へ

 私十二代目清三郎は大学卒業後、二年ほど『晴雲酒造』という造り酒屋に修行にでてました。場所は埼玉県比企郡小川町にあります。『花酵母』と言う酵母を使った酒造りや、有機農法を取り入れた、『手造り』を大事に酒造りをしている酒蔵でした。
 そこに修行に行くきっかけは大学時代の研究室でした。私は東京農業大学の短期大学部酒類学研究室に所属しており、その研究室で発見された花酵母の研究をしていました。香りや、味、組成に至るまで素晴らしい酵母です。そこで、その花酵母に興味を持った私は、さらに修行に勉強を兼ね大学の研究室の先輩でもあり、さらに花酵母を先駆けて使って酒を造っていた晴雲酒造に修行に行ったのでした。

 
posted by 清三郎 at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

吉久保酒造(株)入社まで

名称未設定-2.jpg私十二代目清三郎は、茨城県水戸市に生まれ、現在二十四歳で、男四人兄弟の長男であります。
 高校は、本州で一番敷地面積の広い茨城県立水戸農業高等学校食品化学科へ入学。広大な畑、水田、牧場、グランドのある自然豊かな学校で食品化学、食品製造、有機農業などを学び、学校外では『LIP』というバンドを組みギターを弾き音楽に夢中な高校生でした。
 高校卒業後、東京農業大学醸造科学科に入学し、主に醸造学や微生物学を勉強し、四年時は酒類学研究室で『花酵母』についての研究をしてました。今までの常識を変える酵母で、驚きの連続でした。
 当時の学校へは8万円で購入したTW200という単車で通ってました。色は、灰色に黒で小回りの利く便利なバイクでした。今は弟が乗ってます。在学中は、アルバイトも色々としました。主に飲食店の厨房で、中華、イタリアン、日本料理、居酒屋と広く浅くですが、働いてました。おかげで、食事は自炊して暮らしてました。練習ですね。
 卒業後、花酵母に興味を持った私は、開発当初から花酵母による酒造りをしている埼玉県小川町にある晴雲酒造(株)に勉強を兼ね二年間修行させてもらってました。
 そして今月一日より、吉久保酒造(株)に入社いたしました。

今後とも、吉久保酒造(株)、『十二代目清三郎ほろ酔い日記』を宜しくお願いいたします。
posted by 清三郎 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

拝啓 代々清三郎さんへ

襲名して慣れないうちは、色々とまどう事がありそうです。
手紙やサインを書く時、困りませんでしたか?
本名書かなければいけない時に、つい清三郎と書いてしまいそうです。
自分の名前を言う時、つい博之と言ってしまいそうです。
手紙を送って清三郎?誰だろ??の様な事にも、なりそうな気がします。
少し不安です。



          
十二代目清三郎(予定) 博之より   



posted by 清三郎 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

清三郎 -Seizaburou-

 『一品』醸造元-吉久保酒造は江戸時代、寛政2年(1790年)創業の造り酒屋です。代々当主は、吉久保酒造と清三郎の名前を継いできました。
 私は十二代目清三郎。を、襲名するはずの吉久保博之です。最近は林家こぶ平さんが九代林家正蔵を襲名しましたよね。そんな感じで、この先何年後か何十年後に清三郎を襲名します。
 でも、ここ近年三代は襲名してないんです。本名のまま。私の祖祖父は徳太郎という名前で、その本名『徳太郎』がだいぶお気に入りだったらしく襲名せず、祖父は襲名する前に亡くなってしまって。現社長、祖母冨美は女性なので清三郎は、襲名しないだろうし。90年ぶりぐらいに清三郎復活の予定です。
 実際は十二代目清三郎(まだ)ですが、今までの清三郎さん達以上にがんばっていきます!
 そして、吉久保酒造と清三郎を日本酒一品と共に、後々に残していきたいと思います。


                 昭和五十五年(1980)生まれ 十二代目清三郎でした。




posted by 清三郎 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。