2007年11月06日

蔵入り'07

こんばんわ、清三郎です。

今日午後、杜氏をはじめ岩手県から、蔵人が到着しました。
明日から、本格的に準備を始めます!

無事着いたお祝いがありました。
蔵入り.jpg


posted by 清三郎 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

2升5合-ますますはんじょう its Prosperity-

こんにちわ、清三郎です。

お酒を買う時、一升瓶ですか?四合瓶ですか?なんてお店の方に聞かれる事ありませんか?

一升?四合?どっちが多いの?それってどの位入ってるの?と、先日友人に聞かれました。

そこで、お酒の単位について。
お酒の単位(数量)は昔ながらの単位を使っています。正式にはmlミリリットル、Lリットルなのですが、昔の名残りで○升とか○合を普段、使っています。

単位は、
一勺(しゃく)→18ml
一合 (ごう) →180ml   →10勺
一升(しょう)→1800ml  →1.8L→10合
一斗 (と) →18000ml → 18L →10升
一石 (こく) →180000ml→180L→10斗

よく目に付くものに置き換えると、
お米を計る時の升は180ml入って、一合。
一升瓶には、それが10杯入ります。

選挙や、お相撲さんの優勝の時に使っている鏡割りの樽は(木槌でヨイショ!)、四斗樽といって、一升瓶が40本入っています。

1800かげ2.gif 720かげ2.gif
一升 四合。

おめでたいお酒、二升五合。
二升五合と、書いて(ますますはんじょう)と読みます。もちろん、(にしょうごごう)とも読みますが、二つの升と一升の半分の五合でおめでたい量で、おめでたい言葉とされてます。

今は見なくなりましたが。。。。

posted by 清三郎 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

一品吟醸、一品吟醸生受賞☆

 デザインフェス.jpg デザインフェス一品sのコピー.jpg

一品吟醸、一品吟醸生酒が、茨城デザインセレクション2007で受賞しました。

'05年に続き2度目の受賞です。
デザインも美味しい一品でありたいと思います。
いつも素敵なデザインのU.G.サトー先生、ありがとうございます。
ippin1s.jpg
05'年受賞の一品新ラベル
posted by 清三郎 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

一品海を越える -its export-

sakeexpo_07.jpg
切れてますが、一番先頭です☆

今、sake&beer expertに参加する為に、ニューヨークに来ています。
先日13日NYを終え、来週18日LAを残すのみとなりました。
来月にはNYに一品が輸入されます!


posted by 清三郎 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

一品純米酒 ひやおろし解禁!

こんばんは、清三朗です。

今夜は、仙台市の庄子やさんの日本酒のイベント『くらのわ』に参加しました。宮城県の日本酒好きのお客様と全国から、酒蔵16蔵の素敵な会でした。庄子やさん、宮城県の皆さんありがとうございました。

そして!
一品、百歳と、ひやおろしが解禁になりました!
沢山のお問い合わせありがとうございました。いかがだったでしょうか?
これからも、お酒で季節感を感じて頂けたらと考えます☆
posted by 清三郎 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

一品 ひやおろし

ひやおろし2本.jpg
『一品 純米酒 ひやおろし』9月9日解禁!!



posted by 清三郎 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ひやおろし発売!!

こんばんは、清三郎です。

来る9月9日『一品 純米酒ひやおろし』が解禁になります。

 先日の初呑み切りで、ぐっと味が乗っていた、容器番号101を火入れをせず、そのまま瓶に詰め出荷します。夏を越しググッと味の乗った『ひやおろし』をお楽しみください。要冷蔵です。

ぜひ、9月9日一品取扱店にて、お買い求め下さい。

一品 純米酒ひやおろし 1,800ml 2500円(税別)
             720ml 1250円(税別)

そーいえば、吉久保酒造では生詰での出荷は、初めてです。
posted by 清三郎 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ダイナースクラブ -its Diners Club-

お知らせ。

ダイナース.jpg

一品 嚼梅(大吟醸 生酒)がダイナースクラブ 美味カタログで紹介されています。

夏1.jpg

夏らしく涼しげで、とっても美味しそうです!!
posted by 清三郎 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

試飲会が終わって

伊勢丹立川店さんでの、試飲会が終わりました。

忘れられないお客様がいらっしゃいました。

試飲をして頂いたご夫婦で、一品大吟醸
ゆっくり、ゆっくり、『ゴクリ、ゴクリ』と。

そして、ゆっくりと時間が流れ、
『しっかり、味あわせて頂きました。本当に美味しいお酒ですね。』と、言って頂きました。

酒を造っていて、何よりのうれしい言葉です!!
その笑顔の為に、酒を造り続けています。笑顔の脇役に一品をと。

書ききれないほどの素敵な出会いが、またまたありました。


今年も残すとこ9日吉久保酒造を宜しくお願いいたします。
posted by 清三郎 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

伊勢丹 立川店で

遅くなりましたが、今週水曜日から、来週19日(火)まで、
伊勢丹立川店B1酒売り場にて、一品試飲販売会を行っています。

本年度できたての、『初しぼり』『金賞受賞酒』など、東京でなかなか手に入らないお酒を用意しています。
ぜひ、お起こし下さい。お待ちしています。
posted by 清三郎 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

純米吟醸 -Its junmai ginjyou-

純米吟醸の仕込みが始まりました。
今日は、酛(酒母)用の麹造り

玄米から、中心部50%のみを削り出し、細かく水分量を調節し(限定汲水)洗米した、山田錦を蒸かし、麹にします。

ふかし.jpg さまし.jpg

(こしき、大型せいろ)を使い、蒸し上がった米を掘り、布に取り冷まします。

適度な温度で、麹室(こうじむろ)に入れ、更に水分量、温度を調節した後、種麹を振ります(種切り)。

純吟種きり.jpg

そして、温度の調節をしながら保温です。一日何回も検温し、様子を見ていきます。に夜は無いので、深夜も見ます。

明日早朝、切り返し(細かくほぐす)を行い、麹箱に盛ります。

いち麹、酛、さん造りと言われるくらい、重要な工程です。

地元の若手蔵人全員が、『来年こそは、自分がやれるように』という、気持ちでやっています。

清三郎
posted by 清三郎 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ひねります

酒造りに欠かせない、工程に『米を蒸す』があります。
今日は、そこについて。

米が蒸しあがると、ほんの一つまみ米を取って、蒸し加減米の水分の吸い具合硬さ、を見ます。
ただ見ても、食べても、分かりません。

昔からの伝統の『ひねり餅』を作ります。に蒸したての蒸し米をはさみ、ギュゥーッとひねっていくのです。そして、伸ばしたり光にすかしたり噛んでみたりして確かめます。

もし、仮に十分に蒸かせず、生のまま仕込んでしまうと、酸味の多い酒になってしまったり、また、思い通りに発酵してくれなかったりします。重要ですね。

杜氏と、米を蒸す担当の釜屋は、全ての蒸し米をひねり、
麹を担当する麹屋は、麹室に運ばれる蒸し米をひねりと、各自、自分の担当の米を確かめます。

今日のひねり餅も、申し分ない蒸し加減汲水加減でした。

PB190266.JPG
蒸気でレンズに曇りが。。。

posted by 清三郎 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

酒の仕込み

少しずつ酒の仕込みが進んでいきます。

今年の新酒第一号『一品 初しぼり』は12月10日頃に出来上がりそうです。
もろみ(酒になるちょっと前)の状況により、前後しますが、今のところは10日になりそうです。

毎朝、早朝五時に広敷(蔵人休憩室)に集まり五時半から、作業を開始します。

PB180258.JPG PB180261.JPG
同じ所です。まだ、が明けていません。。。

けむり.jpg
米を蒸して蒸気が、蔵から出て行きます。

いくらか気温が暖かい時期がありましたが、順調に酒造りは、進んでいます!


posted by 清三郎 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

御祓い

吉久保酒造では、酒造りが始まると、良い酒ができますように。、安全に酒造りができますように。と、御祓いをします。

水戸偕楽園の隣にある『常磐神社』の宮司さんが来られて、昨日、執り行われました。

PB060244.JPG

蔵内にある松尾様(酒造りの神様)の下に祭壇をつくり、お供えをします。

お神酒、塩(お清め)
腹と腹を合わせた魚(腹を合わせて仲良くと)、
りんご、みかん、大根(秋の恵み)、
鰹節(海の物)、
一升升に盛った米、
と日本人が古来より食しているのを、備えます。

そして、社長、製造部長、蔵人全員が、御祓いをした後、釜場、こうじ室、酛部屋、仕込み蔵と、神主さんと、杜氏が御祓いをします。

PB060246.JPG
仕込み蔵で、神主さんと、杜氏。

厳粛な儀式でした。蔵人全員、気を引き締め酒造りをします!!


posted by 清三郎 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

酒造り始まる。its start!!

いよいよ酒造りが始まりました。

昨日2日に入蔵し、今日は洗米でした。
ストップウォッチを使い、米がどんだけ水分を吸うかを、計る為、10`づつ分け、洗米後の重さを計り、何パーセント吸ったかを測定します。(限定汲水と呼びます)

PB020238.JPG PB020240.JPG PB020229.JPG

 ここの作業(原料処理)がとても大切であります。初日の今日、無事終わり、明日の蒸かしに備えます。

長い吉久保酒造の酒造りが、スタートしました。今年も、お客様に喜んで頂けるお酒、笑顔になるお酒を、造ります!!
posted by 清三郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

新商品

10月12日新商品『百歳』が誕生しました。

百歳3本のコピー.jpg
左から、百歳 特別本醸造、百歳 山廃純米吟醸、百歳 純米酒

百歳とは、 
常陸は国のまほろば、神々の息吹が野を彩り、天地の
鼓動が波を描く。
磨きぬかれた良質の米と、笠原不動谷に源を求めた寒の
水を用い、二百年有余、研ぎすまされた酒造りの技
醸しだした清酒「百歳」は、まさに長寿国、日本に
ふさわしい酒といえましょう。
ほどよくたしなみ、心にしみ入るように深く味わって
いきながら、末永く若さを保ち、柔軟な心を持ち続けて
下さるようお祈り申し上げます。

吉久保酒造株式会社


百歳取り扱いのお酒屋さんで、お買い求め下さい。
posted by 清三郎 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

秋あがり発売。

平成18年度、一品『秋あがり』が発売になりました。

ψ??〓¨.jpg

夏を越し、旨みググッと乗った、特別純米酒です。ひと手間かけて、お燗でどうぞ!

茨城県の米、水、酵母で仕込んだ、ピュアな茨城。一品をお楽しみ下さい。

 →茨城県産の酒造好適米『ひたち錦』
酵母→茨城県工業技術センター開発『ひたち酵母』
 →那珂川水系 自社井戸(笠原水源)

季節限定酒で、720ml入りは、1350円。(税抜き)
一品取り扱い店でお買い求め下さい。また、蔵より発送もいたしますので、ご連絡お待ちしています。

吉久保酒造株式会社 Tel029-224-4111 Fax029-231-6005
posted by 清三郎 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

酒仲間の集い

酒仲間のコピー.jpg

今日の今日ですが、本日水戸駅南口にあります、ホテルテラス ザ ガーデン水戸
茨城県酒造組合主催『IBARAKI SAKE&FOOD Party』があります。


ホテル テラス ザ ガーデン水戸
茨城県水戸市宮町1-7
tel029-300-2500
地図
posted by 清三郎 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

酒のたまごやさん

本日26日と明日27日、茨城県結城市にあります、『酒のたまごや』結城店さんで8周年記念感謝祭で試飲販売会を行っています。

『一品』の試飲の他、ワインと食事のテイスティングや、ハワイアンアイス屋さんなどイベントがいっぱいです。

国道50号線ぞいの『酒のたまごや』結城店、心よりお待ちしています。
posted by 清三郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

伊勢丹立川店と吉祥寺店で

明日7月12日から、18日まで、東京都立川市の伊勢丹立川店お酒売り場で、
19日から、25日まで東京都武蔵野市の伊勢丹吉祥寺店お酒売り場で、
試飲販売会をします。

是非お越し下さい!

味をみて、ご自分のお気に入りの一品のお酒を、探してみてはいかがでしょうか?

十二代目清三郎


posted by 清三郎 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。