2009年07月28日

Tシャツ作りました☆ -we make T-shirt-

一品オリジナルT-shirtを作りました。

毎年恒例の水戸デザインフェスがきっかけで作成しました。
酒のラベル、箱、包装紙に使っている、偕楽園の梅と、蛇の目猪口を合わせイメージしたデザインとなっています。

Tシャツ白.jpg Tシャツ紺のコピー.jpg 

ご注文お待ちしています☆

吉久保酒造HP


posted by 清三郎 at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

看板一品 -sign of Ippin-

こんにちは、清三郎です。
7月に入り、梅雨真っ最中です。蔵の中は、ひっそりと熟成を重ねております。

3年ほど前からでしょうか、仕込みタンクの蓋に一品のロゴを入れ看板作りをしていました。暇をみて、非常に少しづつ進めていました。

3年前の記事→2006年09月30日 秋晴れ。-its autumn sky-

PC020292.JPG PC020295.JPG

やっと、色塗りになり、あと一歩です。完成したらどこに飾ろうか考え中です。

看板1.jpg 看板3.jpg 看板2.jpg
posted by 清三郎 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

若手の夜明け 2009終了して

第三回 若手の夜明け 2009 in こまばエミナース
次世代蔵元大江戸の乱 日本酒下剋上!!
が、終わりました。

若手の会.jpg

雨の中、ご来場頂きました、お客様ありがとうございます。

700名様を超す、会になり、私たちのお酒を十二分に楽しんで頂けた事と思います!

出品酒
一品 純米吟醸 山田錦
一品 純米吟醸 雄町
一品 純米吟醸 短稈渡船
百歳 山廃純米吟醸
百歳 漆黒

また次回も開催したいと思っています。ぜひお越しください☆
posted by 清三郎 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

第三回 若手の夜明け

第三回 若手の夜明け 2009 in こまばエミナース
次世代蔵元大江戸の乱
日本酒下剋上!!

に、参加します。

次世代を担う全国の蔵元が切磋琢磨し、日本酒戦国時代の荒波に立ち向かうために熱き思いと情熱で醸した極上の日本酒を味わっていただく会です。皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

■日時 2009年6月28日(日)
 第一部12時〜14時
 第二部15時〜17時
■場所 こまばエミナース 3回鳳凰の間
    東京都目黒区大橋2-19-5 京王井の頭線 駒場東大前駅西口
    徒歩8分
■会費 前売り1500円・当日2000円
■参加蔵元
・青森県 陸奥八仙  駒井秀介氏
・宮城県 日輪田   佐藤曜平氏
・宮城県 山和    伊藤大祐氏
・秋田県 一白水成  渡邉康衛氏
・栃木県 大那    阿久津信氏
・群馬県 浅間山   櫻井武氏
・群馬県 大盃    牧野顕二郎氏
・群馬県 町田酒造  町田昌也氏
・神奈川県 相模灘  久保田晃氏
・神奈川県 昇龍蓬莱 大矢俊介氏
・長野県 澤の花   伴野貴之氏
・静岡県 白隠正宗  高嶋一孝氏
・和歌山県 紀土   山本典正氏

と、私茨城県 一品 吉久保博之
以上14蔵

■お申込み方法
 イープラス(http://eplus.jp/)からへお申し込みください。第2部のみになります。
 『若手の夜明け』で検索し、画面に従ってお申込下さい。お申し込み後、全国のセブンイレブンでお支払、発券ができます。
 
posted by 清三郎 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

速報 -its NEWS-

只今、岩手にいる杜氏から、電話が!!

『南杜で金賞取れました!』と。

やりました!

南杜とは、南部杜氏自醸酒鑑評会の略で、
その鑑評会において、我が『一品』が金賞を頂いたとの連絡でした。

一般公開、表彰式は5月。
来月、杜氏の待つ、岩手県石鳥谷へ行ってきます。
posted by 清三郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

火入れ -Field firing-

こんにちは、清三郎です。

今日は火入れ作業。
65度以上に熱したお酒を、タンクに貯蔵する作業です。

火入れ2.jpg

熱殺菌されたタンクに熱酒を入れ、きっちりと蓋をして、水をかけ冷まします。

火入れ.jpg

次は、8月の『呑み切り』まで、大谷石の蔵で、静かに熟成させます。
posted by 清三郎 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

100選に選ばれる -Ippin chosen as 100 selections-

おはようございます。

嬉しいニュースです。
 先日お隣、韓国で行われた『日本酒100選』に『一品 純米酒』が選出されました!!

日本酒100選.jpg
posted by 清三郎 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

受賞☆ -Receiving a prize-

先日審査がありました、茨城県新酒鑑評会におきまして吉久保酒造のお酒が銀賞を受賞いたしました。

おしくも銀賞でしたが、喜ばしい事であります。
明日、表彰式に出席します☆

来年は金賞を取れるよう精進いたします。
posted by 清三郎 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

甑倒し -finshu of Steaming rice-

こんばんは、清三郎です。

蔵では、今日『甑倒し』と言う名のお祝がありました。
甑=米を蒸す樽。
倒し=蒸しが終わり横にし最後の洗いをする=つまり、米を蒸す作業が終わり=仕込み終わりと言うわけです。

仕込みが終わっただけで、まだ、仕込んだもろみ管理があるわけで、まだまだ酒造りは終わりませんが、ひと段落といったところです。

あと、7本もろみがあり、搾り、火入れ、貯蔵等など、作業があります。

甑倒しのお祝では、杜氏はじめ蔵人の仕込み唄が歌われ宴に花を添え、今年は甑倒し(仕込み終わりにかけ)留突き唄でおわりました。

あと一か月近くですが、美味しいお酒を飲んで頂けるよう、蔵一同気を抜かず、やります!!!
posted by 清三郎 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

『百歳』春の利き酒会

こんにちは、清三郎です。

百歳を出荷しています、渇ヤ山さんの利き酒会に出展します。
他に『黒龍』を醸す黒龍酒造さん、『明鏡止水』を醸す大沢酒造さん、『初亀』を醸す初亀醸造さんなどなど、こだわりの酒蔵が出展しています。

平成21年3月11日(水曜日) 
会場 第一ホテル 両国 5F 清澄の間
開催時間 AM 11:00〜PM 3:00

なお、利き酒会への参加は予約制になっておりますので、参加ご希望のお客様は、下記
渇ヤ山さんまでご連絡をお願いいたします。

株式会社 花山
〒110-0016 東京都台東区台東2丁目24番4号
TEL:03-3836-0804 FAX:03-3839-4658
posted by 清三郎 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

雫酒

こんにちは、清三郎です。

大吟醸一本目の上槽がありました。
杜氏の上槽の合図の後、お酒の搾りをします。

布製の長方形の袋に入れ、ポタポタと垂れてきたのを集めます。全く圧力をかけず、重力でしぼります。

雫のように滴り落ちるので、雫酒と呼びます。
それを斗瓶と言う、ガラス製の瓶にとり、鑑評会の出品酒とします。



全員総出です。
みんなで.jpg 並べ.jpg

袋3.jpg 袋1.jpg 
杜氏.jpg
杜氏が垂れて出たその酒を斗瓶18リットルのガラス瓶に採ります。

雫2.jpg
キラキラと輝く雫酒です。

棚.jpg
並べ終わりです。

搾った酒は、時間ごとに分けて保管し数日後、瓶中に沈んだオリを除き、利き酒をし出品します。


posted by 清三郎 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ハルノカゼカオルサケ’09

今年も昨年に引き続き『春風薫酒の会』を開催いたします。

春風薫酒の会チラシ.jpg

来る3月月20日(金)春分の日に合わせ、
新酒しぼりたて『薫風新酒の会』を開催します。

『稲里』を醸す、茨城県笠間市にある磯蔵酒造さんと、
『一品』吉久保酒造との供宴。

 両蔵自慢の新酒の数々と、『梅み月』名物の豆腐や蕎麦、旬の肴と共にご堪能頂きます。

また、昨年に好評の、
ベリーダンス『Caren with 百花繚乱』、
常陸三宮吉田神社お囃子『一里塚若連』や、
津軽三味線
の出演もあります。

店内4.jpg 店内1.jpg

春風のただよう、しぼりたての新酒を、
最高の肴、演舞と共にお楽しみ下さい。

お席は、4名席、6名席、8名席となっております。
ご予約の際にご連絡ください。

心よりお待ちしております。

新酒しぼりたて『春風薫酒の会』
平成21年3月20日(金)
開場 午後5時  開宴 午後6時
参加費 7000円 限定100席 全席指定(飲食代含)
会場 薫風 梅み月

チケットのお求め・お問い合わせ
吉久保酒造株式会社 電話029-224-4111
posted by 清三郎 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

いよいよ、終盤。

おはようございます、清三郎です。

酒造りは折り返しを過ぎ、メインの大吟醸の搾り間近に控えています。
今年の酒造りは米が溶け易い傾向にあり、より正確な米の扱いが求められています。

精米後の米に、吸水の時点でかなり細かく、水を吸わせているのですが、もともと米の出来が大きく影響し、難しい酒造りです。
失敗すると、発酵が止まってしまい、甘々の酒+発酵未熟でやな臭いを出します。

おかげさまで、吉久保酒造は、もろみ日数が伸びながらも、、無事狙いどうりのお酒が、搾れています。今年の一品もご期待下さい。

※給水.jpg

今季初めて使うお米は、水をどんだけ吸うかわかりません。この写真は、一品純米吟醸雄町になる、雄町米です。

毎年水温は、一定にしていますが、もともと米の持つ水分は毎年違います。なので、米の水を吸う様子を黒いトレーを使って見ていきます。

その後、
@水を切り、測りで計測し
A一晩置き、
B蒸す前にまた、計測し
C蒸した後、計測します。

計測、計測、計測。細かい作業ですが、その後の大事な指標になります。

こしき.jpg
蒸しあがったらすぐに米を掘ります。

さらし.jpg

米を外気にさらし温度を下げます。
そして、狙った温度で仕込みます。この日は奥の麹室に引き込みます。

蔵画像1.jpg
posted by 清三郎 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

新酒発売!!

こんばんは。清三郎です。ご無沙汰しています。

 12月も半ばになり、寒さがだいぶ増して、お酒造りにはいいですが、日々の生活が厳しくなってきました。

取り付け完了.jpg

 アップが大変遅くなりましたが、新着情報にあります通り新酒『初しぼり』が発売されました。プチプチと発酵するそばからお召し上がりください☆耳をすますと、瓶の中で音がしています。

はつしぼり.jpg
一品 初しぼり

また、蔵では新酒ができました合図の『杉玉』『酒林』の飾り付けも終わりました!!
比べてみるとだいぶ変わりますね。。。

新杉玉.jpg 古杉玉.jpg
今年の杉玉取り付け係は、麹屋石川峰一です。
posted by 清三郎 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

月刊『コレカラ』にて

Image0047.JPG

おはようございます。清三郎です。

月刊コレカラ(2009.1月号)に、茨城県『山翆』さんのアンコウ鍋と共に一品純米吟醸が掲載されています。

Image0048.JPG

冬の味覚、茨城の『うまいもん』と共にお楽しみに下さい。

山翆
茨城県水戸市泉町2-2-40 地図
ホームページ
Tel029-221-3617
営業時間 昼●11:00〜15:00
     夜●16:30〜21:00
posted by 清三郎 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

仕込み始め -starting Ippin Brew-

こんにちは、清三郎です。
昨日、杜氏はじめ、蔵人が入蔵し酒造りが始まりました。

こうじはじめ.jpg kouji1.jpg

昨日は、洗米。
米を洗いです。ストップウォッチを使い、狙った分だけ水分を吸わせ洗います。

こめはり.jpg ふかしはじめ.jpg

今日は蒸し。
一日目なので、酒母用の麹米を蒸かしました。
 
今からは又、米洗い。

朝蒸して、仕込んで、午後に米洗って。少しづつ量が増えていきます。今年の新酒第一号は、12月の10日前後。
お楽しみに☆

kouji2.jpg
米の温度を測る、杜氏。
posted by 清三郎 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

いよいよ来月 -brewing Ippin Sake-

こんばんは、清三郎です。

夏のお祭りも終わり、いよいよ来月から酒造りが始まります。
昨年と同じメンバーで、杜氏佐々木勝雄をはじめ、岩手県からの蔵人と地元蔵人とで造ります。

毎年、吉久保酒造では、げんを担ぎ大安の日に入蔵します。
なので、今年は11月5日です。

今年も、皆様に喜んで頂ける、美味しいお酒を造ります!!
posted by 清三郎 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ippin 海を渡る'08

こんにちは、清三郎です。

飛行機2.jpg

 アメリカの皆様に一品をお届けするべく、SAKE EXPO'08に参加してきました。
 Sake Expoは、ニューヨーク、ロサンゼルスの2か所で開催され、日本全国から酒蔵が参加し、多くの方に一品を飲んでもらいました!

ベーグル.jpg
NYでの朝食(ベーグル)

一品のお酒を飲んで、
Smooth!!
Rich taste!!という声が沢山聞けて、
おぉ!!そういう風に表現されるのか!?と感じました。

また、
この米は何?飲む適温は?精米歩合は?合わせるお料理は?発酵の期間は何日ぐらい?
と、とても熱心に質問をされる方が多かったです。毎年日本酒が盛り上がっているのも感じます。

試飲会.jpg

お酒のフリーペーパーを見ていたら、おぉ!!一品が載ってました!!
本.jpg クリス.jpg

只今時差ボケ修正中です。
posted by 清三郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

吉久保酒造の米

 このところ、食品安全上極めて危険な物質に汚染された、輸入原料米が清酒の原料として使用されたという問題が、マスコミ等で騒がれています。

吉久保酒造での原料に使用するお米は、すべて国内産の米を使用しています。

また、安全で高品質の原料を使用し、美味しいお酒を造る事が弊社の使命であると考えております。
今後も細心の注意を払い、皆様に喜んで頂ける酒造りをして参ります。

吉久保酒造株式会社
posted by 清三郎 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

甘いガレットって有りですか!?

こんばんは、清三郎です。
本日より、水戸の老舗料亭『山口楼』さん本店にて

『料亭での二人展〜味のある情景〜』
が開催されています。

二人展.jpg

小林法子さんの染織、山口みちよさんの鍛金を料亭にて展示中。入場は無料です。

日曜日正午には、作家さんとの座談会&お食事会があります。会費5000円にて、作家さんの特別作品のお土産付きです。(要事前申し込み)

そこで、吉久保酒造はお酒の販売はもちろん、酒粕を使ったカスタードを挟んだガレット!?と言えるのでしょうか、
『全量そば粉を使ったクレープ、酒粕カスタード包み』をできたて販売中です。和菓子のような洋菓子のような、一品オリジナルスイーツ☆

ぜひ、お越しください。
私清三郎が、山口楼玄関先で焼いています。

山口楼本店
水戸市大工町1-5-20 地図
TEL 029-231-1231

甘いものもいける、清三郎でした。




posted by 清三郎 at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 吉久保酒造のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。