2011年07月19日

包む-Wrap-

こんばんは、清三郎です。

なでしこJAPAN、感動しました。TVの中継見て涙して、その後のコメント、ネットのニュースなど見るたびにウルウルしている、今日でした。

諦めない!!と言う事、再確認させてもらいました。

出張から帰り、荷を解く時に改めて気づいた事があります。いつも出張に行く時に衣類を風呂敷や手ぬぐい、タオルで包んでカバンに入れています。

いやー便利だなと。

きれいな衣類、一回着たものを別々に分けて包んで持って帰っていて、かさばらないし一目で解るし、とても便利です。四方包めなくても、一方方向包むだけでもOK。

ビニール袋に入れるのもいいですが、締まらない。

包むという文化、素敵です。


posted by 清三郎 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

お気に入りの物2-My Favorite2-

こんばんは、清三郎です。

水戸は、先ほどから、雷様と大雨です。

私、清三郎のお気に入りの一品(お酒ではありません)。

爪切り.jpg 爪切り2.jpg
KIYA(木屋)の爪切(黒)!

小学生か、中学生の頃か、東京の百貨店でお試しコーナーがあり、幼いながらも
「なんだ!この切れ味は」
と感じ、買ってもらって以来、愛用しています。

今使っているのは2代目。初代のは、出張に持って行き行方不明になってしまいました。
色々な、爪切りを試しましたが、やはりこれが一番です。

私清三郎のお気に入りの『爪切』でした。
posted by 清三郎 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

お気に入りの物-My Favorite-

こんにちは、清三郎です。今日の水戸は、暑い一日でした。

Tシャツでの仕事です。

私のお気に入りの一品を紹介します。
『湯呑』

cup3.jpg cup2.jpg cup1.jpg

隣町の『saza coffee』で開催された個展で購入しました。陶芸家の方の作った作品。お茶はもちろん、色々な物を飲むのに使っています。

もちろん、日本酒を飲む時も使います。ひやで飲むとき(『ひや』は、冷たくしたお酒ではなく、常温をさします)が多いかな。

梅酒(自分で漬けました)をロック、水割りで飲む時、ウイスキーをロックで飲む時などもこれが多いですね。

ちょうど良い量が入り、手になじみます。手造りの焼き物の良さではないでしょうか。

皆さんもお気に入りの器があるかと思います。
器もお気に入りがあれば、より楽しいお酒生活が楽しめます☆
posted by 清三郎 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

我が家でThai cock Thai!!

御無沙汰しています、清三郎です。

昨日、青いパパイヤをもらったので、何を作ろうか?と考えましたが、知っている料理はタイで食べた『ソムタム』のみ。

somutamu2.jpg

記憶を頼りに、作ってみました。作り方は下へ。
見様見まねで作ったわりに、美味しくできました。

ソムタムには、スッキリ辛口の、一品純米酒。これでしょう!!
ヘルシー+魚醤の旨味で美味しく飲めます☆

一つ残念な事が。少し残ったので今日の朝まで残しておいたら、パパイヤの食感が無くなっていました。食べる時に食べる分だけ作る物なんですね。
そして、しょっつるの代わりに、醤油では違う食べ物になってしまったはずです。


材料
青いパパイヤ 千切り
トマト 湯剥きしてサイコロに
ピーナッツ 
青唐辛子
レモン
ナンプラー(無かったので、しょっつる)

ニンニク(仕事に支障をきたしそうなので無し)

@タイでは石のすり鉢で、石の棒でナッツ、唐辛子、にんにく、その他香辛料を叩いて混ぜていたので、すり鉢に入れ、すりこぎで叩きます。
 ※唐辛子は、ある程度細かく切ってから、叩くのをおススメします。

Aナッツがある程度細かくなったら、しょっつるを加え、レモンをまぜ、塩で味を整えます。

somutamu1.jpg

B千切りのパパイヤとAを和え出来あがり。

C飾りにナッツを振ります☆
posted by 清三郎 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

先週、その後。

こんばんは、清三郎です。

先週の続きです。
14日、植田町から午後8時ごろ帰宅し、岩手県大槌町(今回の震災で甚大なる津波の被害を受けた町)へ10日からすでに、現地入りして炊き出しを行っている、水戸の飲食店の方々の所に手伝いに行く為に父と向かいました。

大槌町は、津波の被害を受け、町がありません。水戸の有志が、温かいカレーを食べてもらい、ちょっとでも元気になってもらいたい。という想いで一日1000食、5日分のカレーの材料を持って行っていました。米1トン、肉300KG、温泉卵5000個など。

夜10時に水戸を出発し、翌朝8時にベースキャンプになっている、大槌町の野球場に着きました。常磐道は、余震で通行止で、北関東道を使い宇都宮経由で、東北道へ。ひたすら進み、北上江釣子icでおり一般道を。高速道路は段差が多く、険しい道でした。

釜石に入り、少し走ると、津波を受けた場所になり、

あぁ。。。

言葉もありません。最悪の光景です。
一面がれき、材木、壊れた家、潰れた車、やっと車が通れる道。

なんで、あんな高い所に車があるの?船があるの?恐ろしい光景でした。

釜石から、大槌町まで行く道、全てがそうでした。海岸線を走る45号線。トンネルを抜けるとあの光景が続きます。

山を越し、野球場に着くと、そこは、避難所、自衛隊のベースキャンプ、水戸組のベースキャンプがあり、午後の炊き出しの準備をしました。

その後、17日に行われる全国一斉花見のお酒を届けに、会場となる、大槌町安渡小学校へ。花見をして、お酒を飲む予定で、お酒募集します。という事でしたが、やはり数日で状況が変わり、控えたいとの事で、持って帰りました。

そして、PM2:00 最後の炊き出しとなる、吉里吉里小学校へ移動です。
炊飯器、ガスボンベ、鍋、コンロなど炊き出しの道具を下ろし、米を炊き、カレーを煮ます。

ootsuchi4.jpg ootsuchi5.jpg

そのうち、一人の少年が。しょうご君といいました。
『おにいちゃん、ブランコやって!!』
と。ニコニコ顔して来ました。避難している子供でした。

小学校のブランコへ行き、背中を押します。キャキャキャと、笑い、笑顔が絶えません。たまらなくなりました。何回も何回もおします。

ootsuchi2.jpg ootsuchi1.jpg

そして、今夜はカレーだよ。って言うと、『カレー大好き‼』って喜び『ありがとう‼お兄ちゃん』って言って避難所の体育館に戻ってきました。

長い道のりの中の、一食のカレーですが、喜んで食べてくれたと思います。

小分けの鍋にカレーを移し、吉里吉里小学校の給食室、大槌町野球場の避難所に届け、片付けをしベースキャンプに戻り、自衛隊の作ってくれた風呂に入り、食事をし寝ました。

翌朝、出発の準備をし大槌町を後に水戸へ戻りました。

一回の炊き出ししか、手伝えませんでしたが、あの子の笑顔が見る事が出来たので、良かったです。

今回行った、大槌町は普通の生活に戻るまで、とてもとても、長い時間がかかります。一年ではとても戻らないと思います。

一日でも早く、普段通りの生活に戻ってくれたらいいなと願うばかりです。
posted by 清三郎 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

先週は、

こんばんは、清三郎です。
先週は、福島県が震源地の地震がありました。もう、あのレベルの地震は余震では無い気がします。

震源地のいわき市は、先月の震災から水道がやっと復活した矢先、また断水となってしまいました。

13日
一品給水車は、いつもの様に、水2,000Lを汲み、いわき市平の『あわのや酒店』前に出動。NHKで給水のお知らせを流してもらい、植田町からも給水に来られる方がいました。

awanoya1.jpg awanoya3.jpg awanoya2.jpg
あぁ、植田も水が出ないんだと知り、翌日植田に出動する事に決まりました。

植田町は、妻の実家のある街。。。つい先日まで、我が家、避難してきていたのに帰って早々大地震に襲われました。実際先月のより被害が甚大との事。

14日
給水部隊とは別に、私は地震で壊れたタンクの代わりの、タンクを探すために県西に。
午前中でいいのに出会え、すぐさま、北関東道路、常磐道で、一路植田町へ。

『スタンド割烹はるな』前で給水。
NHK福島や、地元の消防団の方の力も借り給水開始。日が沈みかけるころ、一通り水が行きわたったので、場所を変え、近くの公園や、東田地区で給水。埼玉県水道部の方と一緒に給水活動。全国から水道部の方々が来られていました。

pompippin.jpg
一品給水車

やはり、水が必要です。
posted by 清三郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

第2のソウルフード -soul food No.2 Shimotsukare-

つい先日、『しもつかれ』を頂きました。毎年、節分の頃に頂くのですが、大好きな郷土料理です。
茨城県の郷土料理ではなく、栃木県の郷土料理です。

鮭の頭、人参、大根(鬼おろしですったもの)、豆、酒粕が、入っています。

それを熱々のご飯にのせ、ちょっと七味をかけて、モリモリ頂きます。

しもつかれ.jpg

これだけで、ご飯2膳いけちゃいます。朝食は白米+しもつかれで1週間いけちゃいます。

素朴な味わいと、今の時期必ず食べる郷土料理『しもつかれ』
今年も美味しく頂きました☆
posted by 清三郎 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

鰊そば-nishin fish Soba-

こんばんは、清三郎です。

大人気の酒粕。皆さんお試しになりましたでしょうか?
吉久保酒造も、少しだけですが、販売しています。

さて、鰊(にしん)を頂きました。ほんの数時間ですが、海沿いの町大洗で日曜日の夕方、お手伝いに行ったら、身欠きニシンを頂きました。

早速帰って、煮てもらい『ニシンそば』に。
小さな頃、京都の親戚の家でご馳走になったニシンそば。それ以来約20年ぶりです。ずっと、食べたいと思っていましたがチャンスは無く、20年後の再開。
甘めに煮たニシン。辛いお汁。懐かしさと、美味しさでいっぱいの夕食でした。

nishinsoba.jpg
美味しさの伝わりにくい写真ですが。。。美味しかったんです。
posted by 清三郎 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

ひたち錦ならぬ、ひたち姫-Ibaraki berry is HTACHI HIME-

おはようございます。

先日、イチゴ狩りへ、行ってきました。
私の妻は、
酒より、イチゴ。なにより、イチゴ。果物の中の王様イチゴなんです。

hitachib3.jpg berry1.jpg

そんな妻と娘、息子を連れイチゴ狩りへ。

茨城はイチゴの栽培が盛んで、ちょっと車で走ると、いちご園があります。
私たち家族の行きつけは、うさみ園さん。

色々な品種のイチゴがあり、品種ごとに分けてるので、自分の好きな品種が見つける事が出来るはずです。食感の違いや、甘さの違い、酸味の違いがあってなるほど、なるほどと思いながら、パクパク頂いてしまう訳です。

hitachib.jpg hitachib2.jpg

そんな中、ひたち姫という品種を見つけました。茨城県開発の品種だそうです。
とにかく、甘い!!そんなイチゴでした。

お酒でも、数年前に開発された、茨城県初の酒造好適米『ひたち錦』という品種があります。茨城の気候にあった、品種です。

吉久保酒造では、一品 ピュア茨城と、百歳 漆黒に使っています。

sky.jpg
今日の晴れた空と、梅の花。

kosshi.jpg
妻の作ったコッシ―のイス。
posted by 清三郎 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ごさい漬けと一品初しぼり

こんばんは、清三郎です。
先日、市場の大ちゃん(正しくは、水戸公設市場株註屋の安田大助君)に『これ、酒に最高だから持ってきなよ!!』とお漬物を頂きました。

それは、『ごさい漬け』県南の海沿いの方で昔から食べられていたお漬物。
生のさんまと大根の漬物で、青魚が苦手な人、ちょっと癖のある食べ物が苦手な人には向きませんが、発酵食品の大好きな、私清三郎は、毎晩食べています。

ごさい漬け.jpg ごさい漬けと初しぼり.jpg

強烈な臭い、いや、鼻孔をくすぐる魚の独特の香りと、発酵により生まれるちょっと酸味の効いた香りが混ざり、また、時間の経つことで生まれる、アミノ酸の旨味。

たまりません!!それを、通常の日本酒より旨味たっぷりの、にごり酒『一品初しぼり』でグイっと。魚にちょこっと和がらしを付け、結構しょっぱいのにさらに追い打ちをかけるように、醤油を回しかけます。

ごさい漬けの旨味と、初しぼりの旨味。まだ発酵中の酒の炭酸感と合わさって、口の中は旨味のシャワー!!

今晩も、ごさい漬けと、一品初しぼりで、ほろ酔いの清三郎です。

まもなく、一品初しぼり720mlが完売となります。1800mlは若干ございます。お早めに、ご注文下さい。ごさい漬けも、今の時期しか食べれない貴重なお漬物です。

もし、食べてみたい方は、水戸公設市場 株註屋商店安田大助君までご連絡を。
posted by 清三郎 at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

もう梅が!!

こんばんは、清三郎です。

猛ダッシュで過ぎて行ってしまった、12月です。
毎年恒例の笠間稲荷での、お祓いを終え、常盤神社さんに蔵へ来てもらいお祓いをし、気がつけばもう今年も終わりです。

早い!!

新酒も少しづつ搾れています。毎朝、出来たお酒を利くのが楽しみな毎日です。

ume10.jpg

今朝、蔵の梅の木を見ると、もう梅が!!毎年、偕楽園の梅より早いとは思っていましたが、年明け前に咲くとは。

2010kura1.jpg

蔵のお祓いが終わった後、蔵人みんなで写真を撮りました。
早朝というか、明け方から動き出しみんなが一堂に揃う事がまずない酒造り。もし揃っても米が蒸し上がったとか、麹を出すとか、写真を撮ろう!なんて言える状況ではないわけで。お祓いの後サクッと一枚撮りました。

上段 左から 麹屋石川峰一、もろみ(副杜氏)鈴木忠幸、私清三郎、酛屋添田則彦、今年の新人市村北斗18歳
下段、社長吉久保冨美、麹屋伊藤博、杜氏佐々木勝雄、もろみ高間館志津男静男
posted by 清三郎 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

蜜たっぷり☆

昼食を食べ、早朝からの仕込みで、夢うつつの、清三郎です。

美味しいリンゴを食べました。

apple.jpg

それは、蜜がほとんどのリンゴ。
ちょっと蜜が入っているだけでも嬉しいのに、ほぼ蜜。

丸かじりです!!

茨城県の北部を営業している弟敬之(のりゆき)が購入してきた、リンゴでした。
市場に出回ることなく、農家の方、知っている人のみが食べる事の出来るリンゴのようです。

詳細は良く分かりませんが、美味しかったのでまた、買ってきて!と頼むと、もう今期はない!と。

こんなリンゴがあるんだ!と、びっくりした、清三郎でした。


今朝は、昨日までの雨が嘘のように、真っ青な空が広がった水戸です。
kuramorning.jpg

蒸気がもくもくと上がる、蔵の朝です。
asa.jpg

続々と運ばれてくる、新米。
komehakobi.jpg

仕込みを終え、発酵が始まろうとしてる、第壱号仕込み。
tank.jpg motomi1.jpg

朝陽を浴びる、酒母室。
kuramornig.jpg

先日の関東信越国税局の表彰式。
kanshingold2.jpg kanshingold.jpg
posted by 清三郎 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

更新が無くて

こんばんは、清三郎です。

皆様、更新しなくて、ごめんなさい。気がついたら2か月が過ぎていました。

この2ヶ月間、こんな感じでした。

9月初旬
 自家製のゆかりプレゼント企画の発送完了。当選された方いかがだったでしょうか?来年はもっと作ります。多数のご応募ありがとうございました。
 仙台の酒販店さん『庄子や』さんの、お酒の会『くらのわ』へ参加。宮城県仙台市のお客様に『百歳』をご紹介。
BIG waveに参加。隣町のひたちなか市で行われるレゲエイベントに出店された、飲食店さんお手伝い。学生時代によく聞いていた『ナンジャマン』と握手。久しぶりに聞いて感動。

9月中旬
 東京の問屋さん『大星岡村』さんの展示会に出展『一品』をご紹介。思わぬ方に御挨拶をしました。
 新潟の酒蔵さんに、瓶詰め道具を譲って頂く為にトラックで新潟へ。大学時代の研修で行って以来2度目の新潟。本場へぎそば美味しかったです。
9月終盤
 5年ぶりの研修旅行で、福島県の会津の酒蔵へ。私が蔵へ帰ってから初めてでした。よその蔵を見せて頂くのは、すごく勉強になります。帰りの道の駅で、茨城県産の小麦粉をGET。うどんを沢山打ちました。
 茨城県工業技術センターにて、関東信越鑑評会の出品酒の利き酒勉強会。これが、今回の受賞の決め手でした。

10月初旬
 常陸多賀 寿司処一光さんで、笠間市の磯蔵酒造さんと共同のお酒の会。ひやおろしをお楽しみ頂きました。
 アメリカ ニューヨーク、ロサンゼルスへ出張。JFC主催のsake expoに出展。『一品』と萌酒『おぎん』『萩野谷なか』をご紹介。アメリカでもアニメファンに大好評でした。今回は映像がありませんが、TVに出演。日曜日、Xjapanのファイナルをみに。もう見る事は出来ないと思っていた、Xjapan。アメリカでも大人気。ボーカルtoshiの叫びにやられました。

10月中旬 
 東京の問屋さん『花山』さんの秋の利き酒会、東京、名古屋に出展。『百歳』秋のお酒を中心にご紹介。百歳ひやおろしはいかがだったでしょうか。

10月終盤
 和マッコリの勉強会に出展。『東京マッコリ』『飛騨マッコリ』と共に『うさぎのダンス』をお楽しみいただきました。どれも、違うタイプでした。
 秋葉原にて、茨城の問屋さん『飛夢』さん主催の萌酒サミットに出店。TV、新聞の取材が沢山来ていました。秋葉原パワーすごいです。
 吉久保酒造社長の77歳の誕生祝い。私の祖母である、吉久保冨美の喜寿祝い。水戸のお寿司屋『幸鮨』さんにて。鯛の子美味しかったです。
 若手の夜明け 十八の侍開催。1300人のお客さんにお越し頂きました。一品純米酒旨味封じ込めと、一品純米吟醸 備前雄町が特に好評でした!!

11月初旬
 一の会 日立多賀のお寿司屋『一光』で勉強会。今の飲食店さん状況、より深く勉強になりました。 NHKさんの取材。4分の枠ですが、念入りの取材。頭が下がります。

2か月ブログを書かず、ごめんなさい。  
posted by 清三郎 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

稲刈り-cut of rice-

続々と稲刈りが始まっています。

inekai.jpg

雨が少なく、お天気が続いているので、丸々と太った稲がたわわに実っています。
毎朝、見ているのですが、今か今かと、稲刈りを待っている稲穂は、倒れんばかりです。

先日、杜氏と今年の作柄について話をしていたら、岩手県も大豊作との事でした。

今年も美味しいお酒に、期待できそうです☆
posted by 清三郎 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

生マッコリ『うさぎのダンス』のお披露目会

こんばんは、清三郎です。
先日29日東京都渋谷区の韓食彩酒とんとんとんにて、生マッコリ『うさぎのダンス』のお披露目会を開催しました。

うさぎのダンスイベント5.jpg うさぎのダンスイベント2.jpg うさぎのダンスイベント7.jpg
プチトマトのキムチ初めてでした。オーナーの奥様がフードアナリストをされていて、おしゃれな韓国料理を楽しめました☆

沢山のお客様にお越し頂きありがとうございました。

その日のメニュー

キムチ盛合せ(ミニトマト、キャベツ、ニラ)
ナムル盛合せ(小松菜、もやし、ぜんまい)
秋刀魚とキムチの甘辛煮
お祝いチャプチェ
タッカンマリ(鶏一羽)
平田牧場三元豚の三枚肉 サムギョプサル)
うさぎのダンスイベント6.jpg うさぎのダンスイベント4.jpg うさぎのダンスイベント1.jpg
オーナーシェフがお肉を焼いてくれます。

すごく盛大にできました。
マッコリを作るまでのお話や、生つながりで、金賞受賞酒大吟醸生酒 嚼梅も呑んで頂きました。

うさぎのダンスイベント3.jpg
打上げ風景。食べました!飲みました!スタッフのみなさんもありがとうございます。

posted by 清三郎 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

梅干し完成-finsh dry plum-

こんにちは、清三郎です。
また、水戸は暑さが戻ってきました。

蔵の近くの田んぼは、大きな穂を実らせた稲穂が垂れてきています。

梅干しがようやく完成です。
一粒一粒乾いたのを確認し、壺に収めました。

umeboshi2.jpg umeboshi1.jpg

いい色に仕上がりました。
味もしょっぱさ、すっぱさたっぷりです。

口に入れずとも、唾液が出てきます☆
posted by 清三郎 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

水戸の梅-Mito's dry plum-

今年初めて、自力で梅干し作りをしている、清三郎です。
こんばんは。

昨日、やっと梅を干しました。
ホントは、梅雨明け早々に、干すものなのでしょうけど、

梅を.jpg 梅を1.jpg

@売っている梅を買わずに、庭の梅の実でつくるので、生るのが遅い。
Aそもそも実のサイズが特大サイズで時間がかかる。
B木に生っている状態で完熟させたかった。
C100%趣味なので、時間が無かった。(土日はお祭り等‥)

の、理由から伸ばし、伸ばしになっていて、お盆過ぎてからになってしまいました。

今回の梅干しは、塩分濃度18%。しょっぱい位な、昔ながらの梅干し作りです。今年の収穫3Kg。重石が無かったので、ペットボトルに水を入れ1Kgとしました。

梅を3.jpg 梅を2.jpg

私と娘は、ゆかりが大好きなので、赤紫蘇は、たっぷり入れました。
そもそも漬けるのが遅くなったために、赤紫蘇が水戸付近では終わっていました。今年は、ゆかりはできないか、と諦めていいましたが、北へ出張へ行った際に、スーパーや、農産物直売所で赤紫蘇発見。

すぐさま、買い求め、夜な夜な、宿で塩揉みし持って帰っていました。
北に行けばあるんですね!!最後は秋田で買いました。。

明後日20日。取り込みます。
posted by 清三郎 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

さよなら、一品号参.goob bay Ippin car3-

おはようございます、清三郎です。

お盆ですね。吉久保酒造は、お休みをいただいていますが、お盆とはいえお休みにならない方いっぱいいらっしゃいますね。ご苦労様です。

一品号の3号の日産ADバン(営業車)が廃車になりました。ここ数年は、吉久保酒造の営業、配達車として活躍していましたが、その前は、私清三郎の自家用車でした。

一品号参-1.jpg 一品号参.jpg

大学を卒業後、埼玉県小川町の晴雲酒造にお世話になっている時、初めて買った車でした。中古ではありましたが、ボタン一つで4駆になり、荷台にはビニールシートが張ってあり、汚れや濡れを全く気にせず、積む事ができました。また、10万キロに一回のタイミングベルトの交換が無いタイミングチェーン仕様になっており、維持費のかからない絶好の車でした。

荷物を積む事が前提の車ですから、座席を倒すとまっ平らになり、布団を敷くとのびのび寝る事ができ、一人旅の時は宿代りにもなりました。

埼玉での修業が終え、水戸に戻る時、吉久保酒造の営業車になり、約10年活躍です。

が、ついに寿命を迎え廃車となりました。

廃車は廃車でも、行き先が消防署。

特殊救助の為の、訓練車として最後の仕事を終えるようです。事故でドアが開かないような時、車を切断して救助するための、実践訓練用になります。

私の車が、救助の為に一役かえるなら、御の字です。

一品号参号、ご苦労さま。

アップしようと思いながら、時間が過ぎてしまった、記事です↓

初夏、そら豆が出た頃の事。
たっぷりのそら豆が、手に入りました。焼いたり、茹でたりして、食べていましたが、残りそうだったので、そら豆の冷製ポタージュを作りました。

そら豆スープ.jpg

自己流なので、改善の余地がありますが、簡単なので、レシピを。

@そら豆を茹で、皮を剥きます。人数分だけ、剥いたまま、残します。後で使うので。
A剥いたそら豆を、ミキサーに牛乳と入れ欠けます。
Bお鍋で、Aを沸騰しないように沸かし、コンソメスープ、塩で味付けします。
C冷蔵庫で冷やし、お皿に盛りオリーブオイル、黒胡椒、最初に残しておいたそら豆を飾ります。

ミキサーにかけただけなので、ざらつきますが、夏の味を思いっきり楽しめます。

茨城県南部杜氏会がありました。茨城県の酒蔵に来ている杜氏さんと、酒蔵との年に一度の交流会です。昨年の酒造りの話、今期の酒造りの予定等々、すごく重要な情報交換の場です。懇親会では、お酒も入って、一歩突っ込んだ話も飛び出す宴会です。

茨城県杜氏会.jpg 茨城県杜氏会2.jpg 
三味線は、茨城県南部の愛友酒造の杜氏さん、阿部杜氏。プロの腕前です。

私は、当日12時に水戸を出発し、高速道路をひた走り、17時頃岩手県に到着。翌日青森県青森市の酒販店さんへ、午後は秋田県秋田市の酒販店さんへ、仕事を終えたのが20時頃。
そして、水戸へ。

集中豪雨や、事故で、帰ったのが翌日朝6:30。1泊3日2000キロの出張でした。


posted by 清三郎 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

御榊の花-God's flowwer-

こんにちは、清三郎です。

やっと、水戸は晴れの日になりました。
しかし、夜はだいぶ冷え込む水戸です。

御榊2.jpg

朝、神棚にお榊を上げようと、ふと見たら、お榊の花が咲いていました。

御榊1.jpg 御榊3.jpg
なかなか見る事のない、御榊の花。



posted by 清三郎 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

初節句。-boys and girls day-

長いお休み、ゴールデンウィークが終わりました。
今年は、なんかゆっくりできた気がします。

GWは、私の息子の初節句がありました。
御宮参りも同時期で、神社、お寺を回り、写真を撮り帰宅。

神社では、お払いの後、
神主さんが「お父さん、小指で御神酒を息子さんの口へ」と、

息子の日本酒デビューの日でもありました。

兜.jpg 菖蒲湯.jpg

菖蒲湯に入り、お赤飯を食べたのでした。

20年後、一緒に飲む日が楽しみです。
posted by 清三郎 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。