2005年11月09日

いよいよ、酒造り始まる!

吉久保酒造の酒造りが始まりました。

精米したを蒸しました。第一号となる蒸し米は、いい具合に蒸しあがり、好調にスタートを切ることが出来ました。

PB050005.JPG
 
米を掘って、桶に入れて、蒸し米を、広げます。
炊き立てのご飯をお釜から、ひっくり返して、広げる感じです。
PB050028.JPG

 米の蒸し具合を見る為に『ひねりもち』というのを作ります。蒸したての米をにはさみ、両手で、つぶしひねります。そして、薄く延ばしてみたり、食べてみたり、蒸し具合をみます。『いい具合だ』と、満足そうでした。
PB050004.JPG PB050009.JPG
ひねりもちの具合を見る佐々木勝雄杜氏。 ひねりもち↑清三郎作。
 
手作業で、蒸し米を広げて、冷まします。指の温度計で全体が均等の温度になるように。
PB050027.JPG

 一品の新酒が出来るまでをご紹介していきます!
清三郎。

posted by 清三郎 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新酒の出来るまで05〜06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。