2005年04月20日

清三郎 -Seizaburou-

 『一品』醸造元-吉久保酒造は江戸時代、寛政2年(1790年)創業の造り酒屋です。代々当主は、吉久保酒造と清三郎の名前を継いできました。
 私は十二代目清三郎。を、襲名するはずの吉久保博之です。最近は林家こぶ平さんが九代林家正蔵を襲名しましたよね。そんな感じで、この先何年後か何十年後に清三郎を襲名します。
 でも、ここ近年三代は襲名してないんです。本名のまま。私の祖祖父は徳太郎という名前で、その本名『徳太郎』がだいぶお気に入りだったらしく襲名せず、祖父は襲名する前に亡くなってしまって。現社長、祖母冨美は女性なので清三郎は、襲名しないだろうし。90年ぶりぐらいに清三郎復活の予定です。
 実際は十二代目清三郎(まだ)ですが、今までの清三郎さん達以上にがんばっていきます!
 そして、吉久保酒造と清三郎を日本酒一品と共に、後々に残していきたいと思います。


                 昭和五十五年(1980)生まれ 十二代目清三郎でした。






posted by 清三郎 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 清三郎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。