2011年08月09日

I got the power!!

清三郎です。昨日まで『水戸黄門祭』が開催されていました。

水戸の底力を感じ、それでいて大きな力をもらいました。あまりニュースにはなりませんが、被害の大きかった水戸市。その水戸市の上市、下市での開かれるお祭。

現代版の江戸時代の祭を感じさせる、自由で老若男女全ての人が楽しめる、全国でも稀な、お祭ではないかと感じました。

水戸黄門祭は、奉るものがないお祭(と思っています)な為、何でも有りのお祭。ご機嫌水戸さん(黄門祭りの踊り)のよさこいバージョンの団体や、フラダンスの団体、はたまた、鼓笛隊、チアガール、全国一位になったドッチボールの少年団、水戸ホーリーホックのサポーター、書ききれない程、多種多様な団体が列をなしてパレードします。

また、ロックンロールを踊るグループや、特設リングが出来てキックボクシングの試合。お神輿や、山車の通るその後ろにリングがあって、ボッカーン!!とマジ試合。

やってる本人、それを見に来る友人、知人、親戚一同。いろんな人たちが色んな所で、水戸の祭りを盛り上げています。

私達が出店していた、泉町屋台村には小、中、高校の同級生、そのお嫁さん、お母さん、お父さん、子供、ばあちゃん、色んな人たちが来てくれました。

私の今年の祭りの一番は、水戸京成前であった、『狐踊り』山車が四方八方から向き合う狐踊り。各町々がこれでもかって程、競い合い太鼓に、笛に、狐が踊ります。



あんなにひどい天災の後、半年。みんな耐えに耐えた物が爆発するかのような熱気に包まれた空間でした。
祭りの力。すごい!!




現代版の江戸時代の祭。子供から、お年寄りまで、みんな笑い、やな事もその時ばかりは忘れてる、底抜けの笑顔でした。


しんどい事沢山ありますが、昨日もらった力を活力にもっと、もっとがんばります!!水戸力、最高!!


ラベル:2011 水戸 黄門祭
posted by 清三郎 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水戸のこと -mito's story- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。